石原さとみ(33才)が來年公開予定の映畫で、初めて母親役に挑戦することが分かった。作品のタイトルは『そして、バトンは渡された』。原作は昨年の本屋大賞に選ばれた瀬尾まいこ氏の同名小説で、幼少期に母を亡くし、3人の父と2人の母にバトンをつなぐように育てられた高校生の物語だ。

石原里美(33歲)將在預計明年上映的電影中首次挑戰飾演母親的角色,電影名為《於是,接力棒到了我手中》,電影改編自由瀬尾舞子創作的小説,這部小説去年獲得書店大賞,講述一個年幼喪母的高中生由三位父親兩位母親如接力一般撫養長大的故事。

「石原さんの役どころは女子高生を演じる永野芽鬱さん(21才)の義母。順調に撮影が進めば、來秋公開予定です。石原さんは永野さんの12才年上です。母子役としては年齢差が少なく意外性のあるキャスティングなのに加え、あどけないイメージの強い石原さんが母親役をどう演じるかが大注目です」(映畫関係者)

“石原里美飾演的角色是永野芽鬱(21歲)飾演的女高中生的繼母。如果拍攝順利的話電影將在明年秋天上映。石原比永野大12歲,年齡差較小,飾演母女讓人有些意外,再加上人們印象中的石原還是比較天真孩子氣的,她將如何飾演這次的母親角色受到矚目”。(電影相關工作人員)

この9月に結婚を発表した石原。かつてインタビューで「子供が欲しくなったときに結婚する」と語っていたが、母親役という新境地への挑戦も、心境の変化がありそうだ。

石原於今年9月發表將結婚的消息。她曾在過去的採訪中説“會在想要孩子的時候結婚”,那麼這次挑戰母親這一新角色,想必也有心境上的變化。

「女優としては“あの石原さんが母親役なんて若すぎる”とイメージする人は少なくないでしょうが、実は『33才』という年齢で母親役に挑戦して一皮むけるトップ女優は多いんです」(芸能関係者)

“應該有很多人覺得作為女演員‘石原里美演媽媽還太年輕了’,但其實很多頂級女演員都是在‘33歲’這個年齡通過挑戰母親角色開拓作為演員的新境地。”(業界相關人員)

たとえば長澤まさみは今年、33才で映畫『MOTHER』(2020年7月公開)で初めて母親役を演じた。上野樹裏が昨年、ドラマ『監察醫 朝顔』(フジテレビ系)で母親を演じたのも33才。石原と同じ事務所の綾瀬はるかも一昨年、33才でドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に出演し、深田恭子が『下克上受験』(TBS系、2017年)でおママを演じたのは1つ上の34才だった。

比如長澤雅美今年33歲,在電影《MOTHER》(2020年7月上映)中首次飾演母親。上野樹里去年在電視劇《法醫朝顏》(富士電視台)中首次飾演母親時也是33歲。和石原同一家公司的綾瀨遙也在前年,也就是33歲的時候主演電視劇《繼母與女兒的藍調》(TBS電視劇),深田恭子在《下克上考試》(TBS電視劇 2017年播出)中飾演媽媽時是34歲,大了一歲。




逆に、石原より1才年下の吉高由裏子(32才)はまだ母親役を経験したことがない。どうやら人気女優の間では、「初めての母親役」の平均年齢は33才前後になりそうだ。

反過來看,比石原小1歲的吉高由裏子(32歲)目前還沒有飾演過母親,似乎人氣女演員們“第一次飾演母親”的平均年齡都在33歲左右。

「30代前半の女優にとって、母親役の経験は演技の幅を広げることにつながるし、それがさまざまな役柄のオファーを受けるチャンスにもなる。逆に、母親役を経験したことで私生活でも“子供が欲しくなった”という女優さんは少なくないんですよ」(前出・芸能関係者)

“對30代前半的女演員而言,飾演母親角色的經驗可以拓寬演技道路,也會成為收到各種角色邀請的機會。反過來,因為飾演過母親而讓她們在私生活中‘也想要個小孩’的女演員也不少。”(同上業界相關人士)

石原も次なるステップにふみ出すようだ。

看來石原里美也將邁出人生下一步。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:石原里美宣佈結婚:對象為同齡圈外男性